『ハヤテのごとく!』のヒロイン・アテネの非公式ファンクラブ。アテネFCです。

2009/051234567891011121314151617181920212223242526272829302009/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬあ!いつの間にやら1000ヒット超えて~ら。


実家帰っている間になのかな?かな?


ともかくどうもありがとうございます!!



投稿用のSSのカテゴリーを設置しました。アテネに関するSSならば会員以外でもOKというスタイルをとっています。メールにテンプしていただければ当ブログでおのせしますのでお試しあれ。



それと、イラストの投稿も受けつけております。


投稿先メールアドレス↓


athensloveあっとまーくmail.goo.ne.jp

あっとまーくを@に変えてください。




それではノシ
スポンサーサイト
会員№3はのりおさんとなります!

ありがとうございます!!
眠れない。




 天王州アテネはいつもとは少し違った色合いでその感覚を味わっていた。


 元々、さして寝付きがいいわけではない。それが苦手な朝の低血圧につながるのだが、今夜のそれは、いつもの苛立ちを含んだものではなかった。


 狭いような気がする。手足を伸ばす場所は十分にあるが、いつもは中心で寝るのに、今はやや左寄りだ。違和感はある。



 頭が落ち着かない。眠る場所が少し違う今夜は、頭を乗せる枕もいつものそれではない。物は同じのはずだが、やはり慣れというものがあるのだろうか。



 ちがい、ますわね。



 アテネが寝返りをうつと、そこもやはりいつもとは違った。いつもを僅かに変えた原因。少年の横顔が、月明かりに照らされていた。


 だから、眠れないのだ。



 いつもは一人のベッドに、もう一人、自分の名前を呼んでくれた少年がいる。



 それだけで、興奮している。



「ハヤテ……」

 持て余した感情を、起こさないように、小さく吐き出す。



「なに、アーたん?」

 返ってくるとは思っていなかった返事に驚き、アテネは僅かに体を起こす。



「お、起きていたの?」

「うん。なんだか眠れなくて」

 向き直り、ハヤテが答える。アテネの胸に影が差す。


 彼の様子を見ていれば、細かい事情はわからなくとも、なにか辛いあってここに来たということはわかる。それでも、まったく違う世界に紛れ込んできたのだ。すぐに慣れるはずはないのだ。

 淋しいの?

 そう聞こうとした瞬間、ハヤテが頬を掻きながら言う。

「広すぎて落ち着かなくて」

「広……すぎて?」

「うん。それにこの布団、フカフカだから。あと、ベッドって初めてだから落ちたらこわいなかな」

 照れたようにそう言うハヤテ。


 ほんと、まったく、

「しょうがない子」

 予想もしなかった言葉に吹き出すアテネ。戸惑うハヤテに、笑いが収まると少女は誘う。


「それなら、近づいていいのよ」

「え?」

「ほら、近づきなさい」

 アテネが自分の側の枕を叩くと、ハヤテが身じろぎし、少し体を寄せる。
 まだ、遠い。

「それぐらいじゃ、ダメ」

 布団の下を探り、彼の手をそっと掴む。

「あなたは私の執事なんだから、遅くまで起きて、寝坊しちゃダメ」

 手を引く。抵抗は無かった。そして、アテネは近づいてきた彼の肩を掴む。
 怪訝な顔をしたハヤテの唇に、自分の唇を近づける。
 そして、二人はキスをした。




 その夜の眠りは、いつもよりずっと遅かった。



 終わり



感想はこちらまで

bbkansouあっとまーくmail.goo.ne.jp

<あっとまーく>を@に変えてください
athens03.jpg


 怖い金髪女…

 それはアテネのことかーーーー!!



 だが…





athens04.jpg


 全否定できないのもまた悲しい事実です。



 また、「今度は執事君を取られないように~」という件を、「今度は執事君を殺(と)られないように~」と恣意的に解釈してみた。



 こういった遊びは脇においておいて…。


 やはりシスターはアテネと面識があるのか…。しかも、シスターの発言はアテネとハヤテの関係をまるで知っているかのようなものですね。「執事君を取られないように~」といった発言が出てくるのは、直接かどうかは現時点では判断しかねますが、少なくともシスターは、「アテネは機会があれば再びハヤテを手元に置こうとしている」といったニュアンスをアテネから読み取ったという事かな?


 ただ、これも憶測なので物語が進まなければわからない。ミコノスでのラストフェーズが終了して、彼女の本格登場もあともう少しであるかと思いますが、いかんせん彼女が出てくれば物語の根幹に触れる事なのでシリアスになるのは必須。ロイヤルガーデン然り、遺産相続然りです。





hayate765.jpg


 このシーンって単なる寝起きだったと今更ながら気がつきました。



ドレスのまんま夜寝てたのではなく昼間からウトウトうたたねしてたのですよ。そして、気が付けば夜。「あ……」どれだけシリアスに決めても朝に弱いという属性は健在なのですよ。 BSVol.229 




 普段はあまりBSとか読まないので全然気がつかなかったよ…。てっきり、何か物語に関ることがアテネの身に降りかかっているものだとばかり…。勘ぐりすぎたかな。


 だが、艶めかしい姿であるのは変わらないのだ!


 ベッドの上でアングル的&足を動かしているのに見せそうで見えない絶対領域。熱い吐息を漏らしながら赤く上気した表情。重力に引かれてより大きく開いた胸元。パーフェクトです。パーフェクトだウォルター!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。