『ハヤテのごとく!』のヒロイン・アテネの非公式ファンクラブ。アテネFCです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hayate877.jpg

 記念すべき20巻ですが、この間ではまだまだアテネは本格登場しません。次巻である21巻でも所々で登場しますが、本格的な格登場は22巻の中盤辺りからですねぇ。


 今のところ…


hayate703.jpg

 このような回想で登場みたいな感じですかね。ただ、物語としてはそれなりに核心に触れる部分が多くなってきたので、そういったことが好きな人は楽しめるものかと。三千院家の別荘での地下にある壁画によって<この世の全ての富を手に入れた王様>=<ミダス王>であることは確定しましたし。まあ、18巻の巻末のキャラクタープロフィールで、アテネの背後に出てきた髑髏が<キング・ミダス>と既にあれが<ミダス王>であるということが、既に自明の理となっているわけですが…。あとは、謎解きというか、所々散りばめられたパーツを回収し、組み立てる作業になってしまったのですよ!!しかし、あの巻末で髑髏が<ミダス王>であるということを明らかにするのは、ちと早計すぎたような気がしてならないねぇ…。そういったネタバレは引き伸ばして~!物語に深みがなくなって陳腐なものへと成り下がってしまうから引き伸ばして~~!!



athens11.jpg

 20巻の扉絵にあったのは壁画を見上げる二人の人物。一人は帝のじじぃだが、もう一人はフードを被っていてよくわからない…。もしかしたら天王州家の者かもしれませんね。だとしたら、一連のロイヤルガーデンを廻る出来事って、三千院家と天王州家の争い、もしくは確執が原因だとか?御家同士の争い事かよ…。


 今更ながら各巻の扉絵には、こういった物語と関係の深いものが描かれていますよね。19巻の扉絵では、美琴も地下迷宮にたどり着いていたことがあるということが描かれていましたし。たぶんあれ…紫子の悪戯のせいだろうな…。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://athenslove.blog68.fc2.com/tb.php/16-36fe9369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。