『ハヤテのごとく!』のヒロイン・アテネの非公式ファンクラブ。アテネFCです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
athens226.jpg


 なんて便利なアホ毛なんざましょ。



athens227.jpg


 「もしかしたらあのままロイヤルガーデンに取り残されてしまっているのでは」といった心配が杞憂となったアーたん。ほっと胸をなでおろすどころか腰まで抜かしてへたり込んでしまってます。しかし、なるほど…ミダスが付け入る隙となったのは、こういったハヤテ兄に対する不安感というか、負い目みたいな感情もあったわけですな。
 現在、ハヤテ兄であるイクサが行方不明の為、何処で何をしているのかとか彼の安否も不明ですが、とりあえずハヤテの言葉を聴いて平静さを取り戻すアーたん…。


 しかし、アーたん残念だ…
 


athens228.jpg


 そこは「お兄さま」ではなく、「お義兄さま」と呼ぶべきところなのだよアーたん…!


 そんな個人的な妄想というか願望で回覧者の目を汚すのはいかがなものかと思うわけですが、そう思ってしまったのだから仕方がない。そして反省していない。


athens229.jpg


 「<王玉>はもう必要ない」とハヤテにいわれてあっさりとそれを受け入れるアーたん。そんな簡単に10年前に力を求めていた理由があっさり消し飛んでいいものなのかわかりませんが、どうやらハヤテが傍にいればそれでいいようです。
 「これからはずっと一緒にいれる」と、これから先ハヤテとまた一緒に―ずっと一緒に過ごすことができるという、アーたんが叶えたかった願いがようやく成就するかと思いましたが…



athens230.jpg


 ハヤテの他の女性への憧憬によって打ち砕かれました。 


 ハヤテ~ハヤテ~!アーたんの表情をよく見ながらしゃべってくれ~~~!!!


 目の前にいる女の子の前で他の女の子を語りだすとか、どう考えても地雷にしか思えないわけですが、一度自分の主であるナギを語りだしたら止められない止められない。確かにハヤテのナギに向けられている感謝やらの気持ちは純粋なものであるが、今のアーたんにとっては、その純粋な気持ちがナギに向けられているといった事実を知ってしまったら、引き離すような言葉をかけられるわけはない。もし仮に自分の元に戻ってきてほしいといえば、その幸せは確実に壊れてしまうし、彼に影を与えてしまうことになる。
 ここにきてまたも二人の間の問題が取り上げられたわけですが、こうしてみると幾つか前の選択肢に戻されたような気分になるわけです。いや、むしろ蒸し返されたといっても過言ではない。こういった身を引くといった選択肢がありえる場面をみていると、どうあってもアーたんを悲劇のヒロインに仕立て上げたいのではないかと勘繰ってしまいます。
 結局これって同じ場面orシュチエーションの繰り返しなんですよ。前回は、選択肢を提示されたがアーたんが答えを出す前にミダスに憑依されて有耶無耶になり、今回も前回と似通った選択肢が提示されたが、アーたん自身が選択肢を選んで一マス進めただけです。


 こう考えると回避不可能なイベントだったんだな。


athens231.jpg


 まだだ…!まだ取り乱すには早い…!!まだアーたんが一方的に宣言したに過ぎない…!!!まだ終わったわけではない…!!!!

 
 ハヤテを傷つけない為に身を引くことを決心したアーたん。相手のことを気にかけすぎて自分の気持ちを押さえ込んでしまうという典型的なパターンですな。だがそれもひとつの人の愛し方の方法よ!
 アーたんとハヤテ―気持ちは通じ合っているはずですが、それを言葉にして表さないといけない刻がある。今回が正にその刻であるかと思います。この地で再会してからまだ一度も面と面で向かって言葉で表していないのだからなおさらです。両社に必要なのは「好きかも」とか漠然としたものではなく、はっきりとした言葉。アーたんが引っ込んでしまったのだから、ここはハヤテが率先して「好きだ」と自分の気持ちを伝えるべきところなのです。そして、もうちっとアーたんは我侭になっても良いような気がします。


 この後の流れとしては、「気持ちを伝え合った後の一時的な別れ」というパターンなのかなぁ~…。


 タイトルの題材となったのは、アーネスト・ヘミングウェイの『誰がために鐘は鳴る』だと思うのですが、あのようなラストを迎えるとしたらはちょっとなぁ…。



athens232.jpg


 しかし、アーたんってば何回どん底に突き落とされてるんだよ…。


 これでトータルにして4回目じゃないか??






athens233.jpg


 感情豊かなアホ毛だのぅ…。


 そして、アーたんも感情豊かになったものだ。





スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
アテネは10年の間に王玉を求めていないようですし
彼女の目的は10年前の時点で諦めたか、もう果たされたかしたのではないかなと

どうもアテネは今回といい、自分がハヤテを傷つけてばかりいるという考えといい
10年前の別れがハヤテ以上に心の傷として残っているような気がしますよ
ハヤテにとっての自分の存在の大きさに気づいていないというか

アテネが分かってしまったことの中身がどうにも気になりますが
今回も次回と内容が一続きのようですし、ハヤテを信じて待つしかないですかね
伝えてない言葉もあと一つあるわけですし
2010/03/17(水) 00:24 | URL | でけど #-[ 編集]
初コメです。

以前ハヤテはヒナギクに、「少しくらいワガママ言わないと…幸せつかみそこねる―」と言われていましたが、この言葉をアテネにかけてあげたい。
そんなに我慢ばかりせず、自分の気持ちに正直になればいいのに
2010/03/17(水) 19:00 | URL | ユウ #PA.eqfHA[ 編集]
お久しぶりです!
とはいっても、書き込みこそしていませんでしたが、いつも訪問させてはいただいてました。一気に会員数が増えましたね♪
しかし、アテネに面と向かって満面の笑顔で「お嬢様は僕の命そのもの」なんて言ってしまうハヤテといい、「自分はハヤテを苦しめてしまうから身を引かなくては…」と思い込んでしまうアテネといい、この2人はお互い好き合ってはいるんですが、相手が自分の事をどれほど思っているかということは分かってないんですよね…それが何とももどかしいです。
次回はアテネが「自分はハヤテに愛されている」ということがはっきりと実感できる一言を言ってくれることを期待したいですが…
2010/03/17(水) 22:37 | URL | 時夢 #-[ 編集]
↑すみません。主語が抜けてました(汗)ハヤテがアテネに言って欲しいということです。
2010/03/17(水) 22:49 | URL | 時夢 #-[ 編集]
 こんにちは
 感想は概ね戒斗さんと同じですね。
 私はそれこそ世界に届くような声でハヤテがアテネを引き止めてくれたらいいなあと思っています(「木の芽風」つながりで、17巻8話のように)
2010/03/17(水) 22:53 | URL | 小池 #-[ 編集]
こんちは
今回の話を読むとほんとに胸が痛くなりますなw
自分的にはもうナギなんてよくねってかんじですけど。。。(笑)
アテネにはもっと自分をだしてもらいたいですけどこのままいくとストーリー的にも。。。
頭も痛くなってきましたw
はたしてハヤテはナギのもとにもどるのか!?それともアテネのもとに残るのか!?
謎ですww
2010/03/17(水) 23:58 | URL | ポップジャムおじさん #TogvJeHQ[ 編集]
このままホントにお別れなんてことに、なりませんよねぇ?
ハヤたんとアーたんはお似合いなんだし、お互い好き合ってるんだから!
ハヤたんは、別にナギの執事やっててもいいけど、アーたん相手には、執事じゃなくて恋人になってほしい!!
お別れ断固反対(≧ヘ≦)/
2010/03/20(土) 01:45 | URL | ゆずっち #-[ 編集]
>でけどさん

>どうもアテネは今回といい、自分がハヤテを傷つけてばかりいるという考えといい
10年前の別れがハヤテ以上に心の傷として残っているような気がしますよ
>ハヤテにとっての自分の存在の大きさに気づいていないというか


 この指摘は確かにそうですよね。アテネは一度ネガティブな方向に思考が向いたら、自身にとってネガティブな結末に自己完結しようとしている節があります。


>ユウさん

>「少しくらいワガママ言わないと…幸せつかみそこねる―」と言われていましたが、この言葉をアテネにかけてあげたい

 同意です…。

>そんなに我慢ばかりせず、自分の気持ちに正直になればいいのに

 なまじ頭が良過ぎるために、自分の選択によって、どのような結果が生まれるのかわかってしまうので、このように自分が我慢するといったことをしているのかなと考えています。


>時夢さん

 こんにちは~。

>相手が自分の事をどれほど思っているかということは分かってないんですよね

 それを解決する為のツールが、ハヤテが述べていない「もうひとつの言葉」だと思います。


>小池さん

>私はそれこそ世界に届くような声でハヤテがアテネを引き止めてくれたらいいなあと思っています(「木の芽風」つながりで、17巻8話のように)

 世界の中心で「アーたん」と叫ぶわけですねわかりますw

 そしてそこでようやく今現在の相手を見つめて共に歩み始めるわけですね。


>ポップジャムおじさんさん

 来週をお楽しみに!


>ゆずっちさん

 「木の芽風」の歌詞のような展開にはなると思うのですが、とりあえず次回を読んでみないと良し悪しは判断できません…。

2010/03/21(日) 01:02 | URL | 戒斗 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://athenslove.blog68.fc2.com/tb.php/91-1d8b1113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」 今週のヒナギク様 どこにいって...
2010/03/21(日) 01:10:55 | ヒナギク様に恋してるっ!!
ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」 隙間 アテネが王族の庭城から出...
2010/03/21(日) 01:09:53 | タカヒナの日常境界線
携帯電話を新しく買ったので、やることが多いです。 というわけで簡易にしようとしたんですが、思いつくまま書いてたら、そんなに簡易にな...
2010/03/18(木) 18:16:12 | かをぬくな~
なんだかBSでBGMを指定された気がするがスルーするぜ!
2010/03/17(水) 23:51:54 | 乱文乱舞ランブル
ハヤテの兄のおかげで、アテネは外に出た。 外に出たアテネのその後は・・・。 第264話「鐘の音は未来に響く」 今日は近くのアニメ...
2010/03/17(水) 22:07:46 | セカコン~ナギと紅茶を楽しんで~
静寂から始まる第264話。 ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」の感想です。
2010/03/17(水) 01:34:09 | 君を守るよ、疾風のごとく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。